Apple

【2021年】MacBook Pro 最新モデル発表 M1 Pro / M1 Max スペックは?発売日は?

2021年10月19日、Appleのイベントにて新型MacBook Proが発表されました。

今回はこの新MacBook Proのスペックや発売日など従来のモデルと比較して変化した点をまとめていきます。

新型 2021年モデル MacBook Pro M1 Pro/ M1 Max

10/19未明、新型のMacBooK Pro発表されました。

発売されたのは14インチと16インチのもののみとなっていて、今までとは異なるサイズ感になっています。

また、サイズ以外にも今年度はモデルはデザインから内部のチップまで大幅にアップデートされていて、従来のモデルに比べて変更点が多くあります。

そのほかどのような点が変更されているのでしょうか?

めぼしい機能や細かいところまで確認していきましょう。

Apple

新型MacBook Pro  新機能や変更点【16選】

変更された点や追加された機能など大きなものから順に重要なものを中心に説明しています。

変更点が多すぎて、小さい変更には網羅できていませんが、ご了承ください。

画面サイズが変更!!新サイズ 14インチ/16インチ

今までのMacBookシリーズのノートPCで採用されていたサイズは13インチと16インチです。

今回モデルは、14インチということで、13インチと比べると全体として大きくなっています。

しかしながら、新型モデルは画面の端の縁の部分が以前よりも狭くなったせいか、外見が大きくはなっていますが、横幅で1cm超程度と大幅に変化してわけではなさそうです。

充電端子が再びMagSafeに!!

近年のモデルではUSB Type-Cを通した『Thunderbolt 3』の企画で充電しているものとなっていました。

タイプC ケーブルなどはスマートフォンをはじめとして、多くの機器で使用することが増えてきたため、使い勝手も良かったのですが、今後は以前のMacBookで使用されていたMagSafeという充電端子に変更になります。

ケーブルの種類が増えることで、持ち運びするものが増える点はデメリットですが、MagSafeにもメリットがあります。

この端子はUSB タイプCとは異なり磁石でMacと接続するため、万が一、ケーブルに足が引っ掛かるような事態が起きても簡単にケーブルが外れるため、パソコンごと引き落とされる心配がありません。

また、どうしてもUSB タイプC で充電したいという方にも新型MacBook Pro にはThunderbolt 4 対応のUSB Type C端子が3つ装備されているため従来通りの方法でも充電可能となっています。

カメラの画質が1080pに!!

以前からMacBookには FaceTime HD カメラと呼ばれる内蔵カメラが付いていました。

しかしながら、お世辞にも画質が良いとは言えないものとなっていて、ビデオ通話の機会が増えた昨今は気になる点の一つでした。

そこで今回のモデルでは、画質を従来の2倍になりました。

この画質は一般的なPCの画面の画質に等しいものなので、このカメラの性能があれば画質はまずまずになると思われます。

また、暗いところに弱い傾向があったのですが、今回の変更ではこのような暗い場所でも比較的明るく綺麗に撮影できるようになっています。

この機能は、個人的にも嬉しい機能ですね!!

HDMI / SDカードスロット 復活!!

Macを使って、プレゼンなどをするとき必ず必須なのがUSB Type Cの変換コネクタです。

たまに使う機会がある時に限って、この変換コネクトを忘れてしまった経験がある方はMacユーザーなら結構いると思います。

今回のモデルより、画面を複製したり、拡張する際に用いるHDMI端子とSDカードスロットが復活しました。

これで出先でプロジェクターにMacの画面を写したいと言った場合にも、簡単に接続できます。

また、USB Type Aは今回のMacBook Proには搭載されていないものの、近年はクラウドサービスの普及によって、USBメモリの使用頻度も下がったため、場合によってはこちらの変換コネクタもいらないかもしれません。

充電対応!!

本モデルより高速充電が対応になりました。

充電の速度としては、iPhoneで採用されている高速充電と同等で30分間で50%まで充電することができます。

こちらは14インチのモデルではMagSafeでもThunderbolt でも対応、16インチのモデルではMagSafeのみ対応となっています。

最新のディスプレイの採用!!

今回のアップデートでディスプレイは多くの点が変更されました

  • 画質の変更
  • リフレッシュレートの変更
  • ミニLEDの採用

画面が大きくなって、ノッチがついてしまったなど残念な点もありますが、総合的に見て、機能が向上したことに満足です。

画質の変更

ディスプレイの大きさが大きくなったことに伴い、画質の大きさが大幅に向上しました。

またそれだけではなく、ピクセル密度も向上したため、一つ一つがきめ細かくなり、より綺麗な画像を見ることができるようになります。

正直、今の画質でも十分綺麗だと感じているので、どのような映像が観れるかが楽しみです!!

リフレッシュレートの変更

リフレッシュレートは、一秒間に画面を何回更新するかを示すものです。

この数値が高いほど、映像は滑らかに表現できることになります。

今回のモデルではのレートを最大120FPSまで上げることが可能となりました。

また、映像の動きを検出することで、画面に更新が必要ない時は、リフレッシュレートを下げることでバッテリーの節約もしてくれています。

個人的には、120FPSのレートはMacBook Proではゲームなどはしないため、必ずしも必要な機能とは言えませんが、今後のコンテンツの拡大の期待しています。

ミニLEDの採用

ミニLEDは近年用いられるようになった最新のディスプレイです。

従来のディスプレイでは難しかった輝度の向上や白と黒をしっかりと区別するコントラスト比が高いことで知られています。

どれくらい画質が良くなったか、とても気になるところであります。

超高性能 新型MacBook Pro コストパフォーマンス高い!!

以上が、今回フルチェンジされたMacBook Pro の紹介です。

正直、私もここまで性能が向上されたパソコンを使いこなせるかという心配はあったのですが、23万円台から購入可能とかなりコストパフォーマンスに優れています。

良い性能のパソコンを欲しいという方に非常におすすめです。

ぜひ購入を検討してみてください。

11月上旬には実際に購入したみた実機を用いてレビューの方を書きたいと思います。

おすすめ記事一覧

1

Uber Eats の配達パートナーの登録は終わったけど実際に配達ってどうやって行えばいいの?ってことがあるかもしれません。そこで今回はUber Eats での配達をどのように行うか、最低限必要なことをピックアップしていきます。

アイキャッチ画像 2

2021年最新のWi-Fiルーター(無線LAN)の選び方や知っておくべき知識を基礎からあったらよい機能まで紹介しています。ルーターには多くの機能が搭載されているので、自分の使い方に合った機能を選ぶ際にぜひご確認ください!

ピアノと楽譜 3

動画投稿にあたって音楽関係の権利に気を付けるべき理由を踏まえて、おすすめ音源サイトとそれらの探し方をまとめています。

-Apple
-, ,