インターネット

v6+(プラス)とは??IPv・IPoE・PPPoEなど周辺知識とともにIPv4 over IPv6を分かりやすく解説!

v6プラスという単語が近年インターネット界隈でよく使われています。

聞いたことだけならある人も多いのではないでしょうか?そして実際よく知らないという人も多いでしょう。

そこで、v6プラスについてその周辺知識とともに分かりやすく解説していきます!

v6プラスを語る前に…

v6プラスって何なの?

結論から言えば、インターネットにおける新時代のルールと旧世代のルールに両対応した、ネット接続サービスのことです。かなりざっくりですが。

これをきちんと伝えるために話しておきたい内容はたくさんあります。

そのためこの記事では、v6プラスに関わる用語を分かりやすく解説しながら改めてv6プラスを説明していきます。

インターネット上のルール:IPv4とIPv6

まず話しておきたいのがIPv4とIPv6についてです。語源から中身を見ていきましょう。

IPは「Internet Protocol」の略で、Protocolは国家間の協定・約束事などという意味。
v6やv4のvは「version」の略になっています。意味はそのままバージョンですね。

つまり、IPv4はインターネット上でのルール第4バージョンを指し、IPv6は第6バージョンを指すということですね。

どちらもインターネット上でのルールの事で、旧バージョンと新バージョンの話をしているわけです。

IPv4

IPv4は第4バージョンのルールで、こちらが旧バージョンにあたります。とは言っても、今も使われているルールですが…

このルールの特徴の1つとして、IPアドレスの表記方法があります。

192.168.100.123のような3桁4セットの数字群がIPアドレスの一例ですね。

これは3桁の数字が0~255の256(=2の8乗)通りで、それが4セットあるので
0.0.0.0~255.255.255.255までの計2の32乗通りあります。約43億通りです。多いですね( ゚Д゚)

このIPアドレスは各通信機器に割り振られた番号で、インターネット上での住所であると考えてください。

つまり全世界約43億通りの通信機器に住所を割り振れるのです!

…でも世界人口に対してその数で本当に足りてるの??いや足りてないです。

IPv6

このIPアドレス枯渇問題のためにIPv6が出てきたといってよいでしょう。新バージョンにあたり、これも現在使われているルールです。

IPv6のIPアドレスは、fedc.ba98.7654.3210.fedc.ba98.7654.3210のような4桁8セットの数字群です。
16進数という方法を用いており、IPアドレスは計2の128乗通りあります。約340澗通りです

澗は1兆×1兆×1兆です。多いですね( ゚Д゚)( ゚Д゚)

まぁこれだけあればIPアドレス枯渇しないよね?ということでIPv6も使われているわけです。

通信方式:PPPoEとIPoE

次に触れたいことは2通りの通信方式PPPoEとIPoEです。

こちらはPPPoE方式が旧世代、IPoE方式が新世代の通信方式になります。

IPvの話同様、この2通りの方式はいずれも現在使われている方式です。

PPPoE方式

旧世代の通信方式、PPPoE方式。

電話回線で用いていたPPPという通信方式がネットに応用して使われているという背景があり、プロバイダという事業者を経由してインターネットに接続する特徴があります。

問題なのは、プロバイダ経由にあたってネットワーク終端装置を通るということです。これには1度に通せるユーザー数上限があるのです。

つまり、多くのインターネットユーザーが同時にネットワーク終端装置を通過しようとすると順番待ちが起きるということです。通信速度が遅い場合の原因の1つにこれが該当します。

IPoE方式

一方のIPoE方式は、細かい話を抜きにするとプロバイダを経由することなく直接インターネットに接続できます。

この時、PPPoE方式でのネットワーク終端装置に代わってゲートウェイルーターというものを通過することになります。

こちらにもユーザー数上限があるのですが、その上限値はネットワーク終端装置の倍程度あるとされています。その為、IPoE方式の方が順番待ちが起きにくく結果的に通信速度が速くなります。

要するに、IPoE方式は新世代の方式で通信速度がPPPoE方式よりも速いということです。

ここでは触れませんでしたが、設定の簡便さ・データ容量などの点でもIPoEが勝ります。IPoEの方が優秀と言って差し支えないです。

IPv6・IPv4との関係

ここまでで、インターネット上のルールはIPv6とIPv4の2つ、通信方式はPPPoEとIPoEの2つあるということでした。

流れをまとめておくとこのようになっていましたね。

まとめ

IPv4もIPv6も現在使われているインターネット上のルール。
IPアドレス枯渇の問題から、今はIPv4→IPv6の移行期である。

IPoEとPPPoEの通信方式が使われていて、IPoEの方が優秀。
しかし、新ルールのIPv6にしか対応しておらずIPv6 IPoEではIPv4サイトにアクセスできない。

ところがIPv4というルールの下では、IPoEという方式での通信ができません。PPPoE方式のみ対応しています。

逆にIPv6はPPPoE・IPoEいずれの通信方式にも対応しています。

これらの関係は以下の表のようになっています。

PPPoE方式IPoE方式
IPv6
IPv4×

IPv6対応なら、あなたはどちらの通信方式を選びたいですか?無論IPoE方式ですよね。

しかし、IPoEはIPv6にしか対応できないことが分かるでしょう。これ結構困ることなんです。

今はIPv4→IpV6の移行期なので、IPv4のみ対応したWebサイトも多数存在します。にもかかわらず、IPv6 IPoE方式の場合はこのIPv4のみ対応サイトにアクセスできなくなってしまいます。

となると、IPv6対応ならPPPoE方式を選ぶしかないのでしょうか…

IPv4 over IPv6の登場

せっかく優秀なIPoE方式があるのにIPv6でうまく使えないなんてどうするんだ!

そんな課題を解決するサービスが、様々な会社から提供され始めるようになります。IPv6 IPoEでも、IPv4対応サイトに接続できるようにしたサービスで、「IPv4 over IPv6」と呼ばれます。

仕組みとしては、IPv4に基づいた情報をIPv6にインターネット上で偽装させて、無理矢理IPoE方式で通信するというものになります。

「IPv4 over IPv6」 対応の専用ルーターが別途必要ですが、IPv6 IPoEでもIPv4に対応できるようになったのです!

v6プラスとは?

ようやく本題です。v6プラスについて、 IPv4 over IPv6 を整理しましょう。

IPv4 over IPv6 を提供する会社はたくさんあります。

そしてそのサービス名が各社で異なるんですよね。次の表のとおり。

プロバイダサービス名
ソフトバンクIPv6 高速ハイブリッド
NTTOCN v6アルファ
JPNEv6プラス

ここで遂に出てきましたね…

v6プラスとは、株式会社JPNEによる IPv4 over IPv6 のサービス名です!!

...と正確に言えばなるのですが、現在ではこうした IPv4 over IPv6 サービスのことを総称として「v6プラス」と呼ぶことが多いと感じます。

要するに、v6プラスはIPv4などのようにインターネット上のルールを指した単語ではなく、あくまでもサービスの名前であるということですね。IPv6+などのようなルールは現状存在しないのです。

v6プラスの詳しい話は?

ここまでの内容でv6プラスとは一体何なのか理解できたと思います。

このようなサービス形態について触れていきたい所ではありますが

実際にv6プラスを使う際の注意点や、IPv4 over IPv6各社サービスの選び方は後程別記事で解説する予定です。

今しばらくお待ちください。

v6プラスは移行期ならではのサービス!

まとめると、v6プラスとは

  • IPv4→IPv6の移行期である現在において、
  • 新しい接続方式IPoEがその両方に対応できない問題を解決した、
  • IPv4 over IPv6 サービス名の総称である。

v6プラスはこのように時代の流れで生まれてきた便利なサービスのことです。

情報社会を生きる現代人として、なるべく理解しておきたい内容ですね!

周辺知識の解説は、v6プラスの説明に必要な範囲にとどめていますが

少しでも読者の皆様の理解が深まれば幸いです。

おすすめ記事一覧

1

Uber Eats の配達パートナーの登録は終わったけど実際に配達ってどうやって行えばいいの?ってことがあるかもしれません。そこで今回はUber Eats での配達をどのように行うか、最低限必要なことをピックアップしていきます。

アイキャッチ画像 2

2021年最新のWi-Fiルーター(無線LAN)の選び方や知っておくべき知識を基礎からあったらよい機能まで紹介しています。ルーターには多くの機能が搭載されているので、自分の使い方に合った機能を選ぶ際にぜひご確認ください!

ピアノと楽譜 3

動画投稿にあたって音楽関係の権利に気を付けるべき理由を踏まえて、おすすめ音源サイトとそれらの探し方をまとめています。

-インターネット
-, ,