Uber Eats

【Uber Eats 】 初めての配達 最低限必要な持ち物は?

2021年7月27日

person holding a smartphone

Uber Eats 配達パートナーの登録を終えて明日から配達、でも何を準備すればいいかわからない!!ってことがあると思います。それもそのはず、Uber Eats の配達パートナーは特にコロナ期の現在は研修もなく、やり方もまだおぼつかない状態で初回の配達をすることになるからです。

そこで今回は、自分の経験則からこれが必要という最低限のものを星3から星1までの優先度に分けてピックアップしてみました。

⭐⭐⭐ 絶対に必須

配達専用のバッグ

配達用バッグは絶対に必要です。普段使いしているバッグで絶対に配達してはいけません。なぜなら、お店で運ぶ商品は配達用バッグで運ぶことを前提にして作られているからです。

例えば、マクドナルドでは冷たいものと温かいものでしっかり仕切りを設けて配達しなければなりません。他にもピザなどの大きな食品を運ぶことになった際に、規格外のものだとバッグに入れることができません。

ある程度費用はかかりますが、1日働けば元が取れてしまうので絶対に買いましょう。

自転車orバイク

これについては敢えて言及するまでもないでしょう。自転車はママチャリでも充分できます。ただし、本格的に行う人は比較的軽量でスピードの出やすいクロスバイクをお勧めします。ママチャリだとスピードが遅く配達効率が落ちる上に、長時間乗ると疲れやすくなってしまいます。

⭐⭐  配達パートナーを今後も続けるなら最低限必須

モバイルバッテリー(スマホを充電できるもの)

長時間行う上で必要不可欠なアイテムです。というのも、Uber Eats では常にUber Driver というアプリを常に開いた状態で、常に位置情報の送受信を行うためバッテリーの消費が激しくなります。

バッテリーの消費具合はポケモンGOをプレイするときと同じくらい、つまり機種によってまちまちだと思いますが大体4時間でスマートフォンのバッテリーが満タンから電池が切れるぎりぎりまで行くと考えてもらえれば良いです。一日中配達を行う場合は必ずモバイルバッテリーを持参しましょう。

レインコート

レインコートは雨天時で配達で必須となるアイテムです。普段、雨天時に配達しない人もにわか雨、特に夏の場合は突然のゲリラ豪雨にあう可能性があり、その中で配達せざるおえない状況も生まれてくるので、なるべく持っておきましょう。

スマホホルダー

スマホホルダーがあるのとないのとでは、配達のやりやすさが段違いに違います。スマホホルダーがない場合にはピックアップを行うお店、注文者の住所をいちいち暗記して配達を行う必要があります。

勿論暗記を容易く行えるわけがないので、ポケットに入れていたスマートフォンを何度も取り出して確認することになるのですが、これが非常に時間のロスとなる上に、ながら自転車スマホ(自転車を走りながらのスマホの操作)を誘発しやすくなるため、とてつもなく危険です。

また暗記した注文者の住所を間違えたなどのミスを引き起こしやすく、注文者への迷惑となってしまいます。効率UPや安全面を考慮して購入することをお勧めします。

ヘルメット

バイクの人は必須です。自転車の人はあくまでもヘルメットの装着は義務ではないですが、被ることを推奨します。

2020年の10月1日より、入院を伴う事故を起こした場合にヘルメットを装着している人は2万円、装着してない人は5000円の保険が適用されることになり、ヘルメットの有無で保険の待遇が変わるようになったからです。ださくて面倒かもしれませんがなるべくヘルメットは用意するようにしましょう。

⭐ なるべくあった方が良いもの

ウエストポーチ

貴重品などを入れる時に必要となってきます。配達用バッグには確かに貴重品を入れられるチャックはあるのですが、飛び切り薄いものしか入れることができません。配達用バッグの邪魔にならないようなカバンがあれば、こうしたたとえ財布のような貴重品でも薄さを気にすることなく持ち運ぶことができるので便利です。

本などの暇つぶし

一日中配達をする場合はどうしても暇時間ができてしまいます。ピーク時でない3時、4時台頃は1時間注文が来ないことがざらにあります。こうした無駄な時間を本など自分の時間に使ってみてはどうでしょうか。

最後に

初めての配達で心配に覚える人は多いと思いますが、はじめのうちは星3の配達用バッグと自転車、バイクがあればどうにかUber Eats の配達パートナーの仕事は勤まります。ただし、あくまで星3は本当に必要最低限のものなので、安全面や効率性を考えて星2のアイテムは徐々に揃えられるようにしましょう。

また、配達パートナーの登録がまだの人は下のボタンより登録手続きが行えます。

Uber Eatsの配達パートナーをこちらから登録することが可能です。

18歳以上なら誰でも面接なしで登録可能

おすすめ記事一覧

1

Uber Eats の配達パートナーの登録は終わったけど実際に配達ってどうやって行えばいいの?ってことがあるかもしれません。そこで今回はUber Eats での配達をどのように行うか、最低限必要なことをピックアップしていきます。

アイキャッチ画像 2

2021年最新のWi-Fiルーター(無線LAN)の選び方や知っておくべき知識を基礎からあったらよい機能まで紹介しています。ルーターには多くの機能が搭載されているので、自分の使い方に合った機能を選ぶ際にぜひご確認ください!

ピアノと楽譜 3

動画投稿にあたって音楽関係の権利に気を付けるべき理由を踏まえて、おすすめ音源サイトとそれらの探し方をまとめています。

-Uber Eats
-,