YouTube

YouTuberなどの動画投稿者が気を配りたいのは主に著作権!具体的な対策とその他の権利についても解説

Youtube

今やTwitterやInstagramで誰でも気軽に動画を投稿できる時代です。

しかし、YouTubeなどで動画投稿者として動画投稿する場合には先ほどのSNS以上に気を付けるべきことがあります。

今回はそんな、動画投稿に利益が発生するような場合での権利を見ていきます。

具体的にどんな権利に気を付けるべき?

動画投稿では具体的にはどんな権利に気を配るべきなのでしょうか。

それは著作権をメインにして多岐に渡りますので

この記事では

  • 著作権
  • 著作権以外の権利

に分けて動画投稿の際にどう気を付けて、どう対策するかを確認します。

著作権

動画作成に使用するツール、イラストなどの素材、BGMなどの音楽。

これらは普通、他人の著作物にあたりますからルールを守って使用する必要があります。

著作権については各提供会社様の利用規約に細かく記載されていることを遵守して利用しましょう。

また、著作権でも特に配慮すべきなのは音楽関係です。

とりわけYouTubeでは収益化申請などでもよく問題になる分野ですから使用可能な音楽かどうかの確認は怠らないようにしましょう。

こちらについては以下の記事で詳しく書いていますので不安な方は閲覧推奨です!

ピアノと楽譜
無料音源(bgm・効果音)の探し方と実際に使える音楽サイトまとめ【動画投稿者必見】

動画投稿にあたって音楽関係の権利に気を付けるべき理由を踏まえて、おすすめ音源サイトとそれらの探し方をまとめています。

続きを見る

さらに、動画投稿がゲーム実況関連の場合は実況するゲームも著作物ですから配慮が要ります。

ゲーム実況動画は、製作会社側からしてもゲームの宣伝をしてもらえるなどの理由で法律的にはグレーゾーンと言われています。

しかし、明確に実況は禁止だったりルールを定めている製作会社もあるのでこちらも要チェックですね。

有名な所では任天堂は条件付きでゲーム実況動画投稿を許可しています。

動画投稿で意識すべき権利が多い理由

さて動画投稿が主体であるYouTubeやニコニコでは、Twitterなどと異なって配慮すべき権利が多いと言えます。

それはなぜなのでしょうか。

答えは、それらが特に商用利用性が高いという問題にあります。

そこで、商用利用と対になる私的使用と共に見ていきましょう。

私的使用

まずは著作権法から、私的使用について確認しましょう。

(私的使用のための複製)
第三十条 著作権の目的となつている著作物(以下この款において単に「著作物」という。)は、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(以下「私的使用」という。)を目的とするときは、次に掲げる場合を除き、その使用する者が複製することができる。

ここにある通り、個人的な使用である(趣味などとしての使用)ないしは家庭内など(他にも特に親しい友人間など)での使用が私的使用に該当すると言えます。

  • 非公開アカウント(鍵垢)のTwitterで親しい友人と著作物を共有する
  • 家族の誕生日に他人の著作物を使ったバースデームービーを作る

などの例では私的使用にあたることになります。

商用利用

さて本題である商用利用についてですが、こちらは著作権法には明記されていないようです。

しかし、辞書などでは次のように書かれています。

営利目的で利用すること。その資源を二次利用したり、販売チャネルとして用いたりすることで、利益を得ること。

出典:実用日本語表現辞典

簡単に言えば、商用利用とは利益を得る目的で著作物などを利用することと言えるでしょう。

ここから、動画投稿者としてYouTubeなどで収益を得る行為が商用利用にあたる可能性があるとわかると思います。
商用利用の場合は、著作物の許可のない利用は違法になります。

商用利用の明確な規定

商用利用は法律で明記されていないため、具体的にどこまでが商用利用にあたるかということは各提供会社様で異なります。

例えば、「YouTubeでの広告収入は商用利用とはみなしません」「利益が伴う利用の場合は有料でのご使用が可能です」などの記述がありますので

使用する場合は各提供会社様の利用規約などをしっかり確認することをお勧めします!

著作権以外の権利

ここまでは著作権の観点から話を進めてきました。

しかし、商用利用に値する動画投稿では他にも配慮したい権利があります。

それらについても一緒に解説していきます。

肖像権

肖像権とは、本人の許可なく顔や体を公開されない人権の一つです。

自分の動画に第三者が映り込むならば当然肖像権も守る必要があります。

基本的に第三者がだれか特定できてしまうような場合はモザイクなどで隠す必要があります。

逆に、インタビュー動画などの場合はあらかじめ相手方に許可をとることが必要なわけですね。

その他の権利

憲法に明記されていない新しい人権に該当するものもあるので、具体的に〇〇権という表現は避けてその他の権利とまとめています。

以下のような状況では動画投稿者は対策を講じる必要性が高いです。

  1. ゲーム内ニックネームなどが個人の特定を可能にする、一部の方を不快にさせる場合
  2. 明らかな誤解を生じる内容の動画である場合

1.はゲーム実況における注意点ですね。

個人のプライバシーを守るといった意味でもゲーム内ニックネームを隠す編集をすることは大切です。

2.はあらゆる動画形態で共通する話になります。

他人の著作物をあたかも自分の著作物のように語る行為や、特定の人間を悪意ある方法で罵る行為などは当然法に抵触します。

当たり前の話ですがそうした動画はそもそも取らない、テロップで内容を補完するなどしましょう。

動画投稿は様々な権利が絡む!

ここまで見てきたとおり、YouTubeなどでの動画投稿は通常商用利用なので気を配るべきことが多くなっています。

著作権を筆頭とした様々な権利を侵害しないように努めた動画投稿生活をしましょう!

法律違反は「知らなかった」では済まされない世界ですからね。

おすすめ記事一覧

1

Uber Eats の配達パートナーの登録は終わったけど実際に配達ってどうやって行えばいいの?ってことがあるかもしれません。そこで今回はUber Eats での配達をどのように行うか、最低限必要なことをピックアップしていきます。

アイキャッチ画像 2

2021年最新のWi-Fiルーター(無線LAN)の選び方や知っておくべき知識を基礎からあったらよい機能まで紹介しています。ルーターには多くの機能が搭載されているので、自分の使い方に合った機能を選ぶ際にぜひご確認ください!

ピアノと楽譜 3

動画投稿にあたって音楽関係の権利に気を付けるべき理由を踏まえて、おすすめ音源サイトとそれらの探し方をまとめています。

-YouTube
-, ,